賃貸マンションにおける子供の騒音について

普通借と定期借家は契約更新に関して違います。定期借家は期限があり、相場の賃貸物件より賃料が低い場合があります。

普通賃貸借と定期建物賃貸借契約の違い

賃貸マンションにおける子供の騒音について
不動産の賃貸借契約には、普通の賃貸借契約(以下、普通借契約)と、定期建物賃貸借契約(以下、定期借家契約)があります。2つの大きな違いは、更新期間に関してです。普通借契約は、賃貸人が賃借人に対して正当な事由なく更新を拒否することができません。賃借人から契約解除の申し入れがない限り、勝手に追い出されることがなく、賃借人の権利が保護された契約ともいえます。

一方、定期借家契約は、期限の定まった契約を締結するので、満了時に退去することが前提となります。さらに、契約時だけではなく、契約終了の1年から半年前までに契約終了の説明を書面にて行わなければ定期借家契約の効力は有効になりません。期間がきたからすぐ退去させるのではなく、事前の通知をもって退去してもらうという点で、賃借人への配慮があります。

このように、定期借家契約の物件は期間が限られているという点で、相場の賃貸物件よりも賃料が安い場合があります。賃貸人には「一定期間だけ賃料収入を得たい」というニーズあり、少しでも有効的に活用するためには通常よりも賃料を下げざるを得ないからです。「期間限定でいいので安く借りたい」という賃借人にとっては、掘り出し物の物件があるかもしれません。

お役立ち情報

Copyright 2017 賃貸マンションにおける子供の騒音について All Rights Reserved.