賃貸マンションにおける子供の騒音について

賃貸生活をしていると、住人と顔を合わせやすいことや音がもれたり、資産として残らない不満な点などがあります。

賃貸生活で感じた不満

賃貸マンションにおける子供の騒音について
私は賃貸暮らしの経験が長く、何度か引越しも経験しました。賃貸生活を通じて、さまざまな不満を感じたことがあります。その一つは、玄関を出てすぐに同じ物件の住人と顔を合わせてしまうことです。それほど密接なつながりがない住人に対しては、できればあまり顔を合わせたくないという心理が働きます。もっと住人と親しく接することができれば良いのですが、人見知りの私にとってなかなか難しいことでした。隣の住人は特に人柄が気になります。賃貸では隣にどんな住人がいるのか選べない点が不満となります。

賃貸暮らしの不満として、隣や上下の階に住人が住んでいるので、音がもれてしまうことです。実際に住み始めて防音性が低いことを知り、予想以上に隣の部屋から音が聞こえてきたことに驚かされました。小さい子供がいれば、走り回っている足音なども聞こえてきます。逆に自分の部屋の音がもれていないか心配になることもあります。

賃貸の不満は、毎月の家賃がかかっても、資産として残らないことです。住宅を購入することは難しいので仕方のないことですが、長年生活していても家賃を払い続けないといけないことは残念に感じてしまいます。敷金礼金の支払いや退去時の原状回復費用など、出費が以外に多いです。

Copyright 2017 賃貸マンションにおける子供の騒音について All Rights Reserved.