賃貸マンションにおける子供の騒音について

賃貸物件での生活では、お互いに生活音のマナーを守ることも大切です。防音タイプに住む方法もあります。

賃貸住居では生活音にもマナーを

賃貸マンションにおける子供の騒音について
賃貸アパートやマンションに住むようになると、気になるのが周囲の音です。一戸建てでしたら、隣の家との間隔もありますし、ある程度の音は気にしなくても済みます。賃貸の集合住宅では、壁1枚で隣の家がありますから、お互いに生活音には気遣いが必要になります。毎日の暮らしの中で、お互い気をつけていても、音というのは時として、思いがけず騒音になっていることもあるのです。本人が気がつかないまま、例えば普通に歩いているはずが、下の階には足音がうるさく聞こえたり、窓を開けていることで話し声が響いてしまったりもします。生活音はお互い様なので、柔軟に考えることも大切です。

賃貸物件の建物構造自体がしっかりしていれば、本来そんなに騒音になるような生活音にはならないはずです。賃貸物件の住まい探しで、周囲の騒音を考えるのであれば、新築の防音ができている物件を重点的に検索してみるという手もあります。もしも楽器を演奏する予定があるのであれば、防音設備の整った部屋探しは必須となります。楽器演奏可であっても演奏して良い時間帯や、可能な楽器類の確認もしておくと良いでしょう。生活には音がありますから、楽器演奏なしの普通の生活でも、ドアの開け閉めは静かにする、夜中に窓を開け話して話し込まないなど、マナーは守ることです。

Copyright 2017 賃貸マンションにおける子供の騒音について All Rights Reserved.