賃貸マンションにおける子供の騒音について

賃貸物件の更新拒絶をするには厳しい要件があります。中でも、正当事由の判断は非常に難しいものがあります。

賃貸物件の更新拒絶における正当事由の解釈は非常に難しいです

賃貸マンションにおける子供の騒音について
賃貸マンションなどを借りているということは、レンタカーやレンタルDVDを借りているのとは大きく違います。そこで暮らしているわけですから、突然返せと言われたら、大変なことになります。仕事にも影響するかもしれませんし、子供の通学などにも関わってきます。そして、それらにまつわる人間関係にまで関係してくるといっても決して言い過ぎではないと思います。そこで、家主が、契約違反などの問題がない借主に対して、契約の更新を拒絶する場合には、厳しい要件があるのです。

その更新拒絶の通知をする期間も決まっていますし、通知をしたにも拘らず使い続ける賃借人に対して速やかに異議を申し立てないと更新されてしまうなどがあります。なかでも、最も重要なのが、正当事由が必要だということです。正当事由とは何かというと、家主がその物件を必要としている事情が、借主がその物件を必要としている事情より、その必要度において上回っているということだといえます。つまり、借主の必要度が高ければ、更新拒絶を認めてもらうのは、かなり難しい状況になるということです。言い換えれば、賃貸物件と言えども住まいとは、それだけ人間が生きていくうえで重要なものだということです。

Copyright 2017 賃貸マンションにおける子供の騒音について All Rights Reserved.